仲河歯科医院 TOP > 診療案内

診療案内

齲蝕治療 (虫歯の治療)

虫歯とは、虫歯菌の作る酸で歯が壊されてしまう病気です。壊れてしまった歯の部分はきれいに取り除き、歯科用の材料で補わなければなりません。ただし、虫歯であればすべてを削る必要があるかというとそうでもありません。

ダイアグノデントペン

ダイアグノデントペン

人の口の中では“歯の再石灰化”という現象が起きており、歯をきれいに保ち、口の中の環境を整えてあげれば、初期の虫歯であれば削らずに保存できる場合もあります。当院では、そんな削らなくても残せる歯かどうかを判断するために、ダイアグノデントペンという機械を用いています。

もし虫歯が深くまで進行し、削る治療が必要な場合でも、なるべく削る量を少なくし、歯を残したいと考えています。そのため、削る必要のある虫歯の部分だけを染めだす薬剤を用いた、低侵襲な虫歯治療を行っております。

根管治療 (歯の神経治療)

虫歯が進行すると神経に影響が出る場合があります。すると、冷たいものが染みるようになったり、痛みを感じるようになるため、神経を取り除く治療をしないといけません。原因は菌ですので、菌の数をできる限り減らすことが重要になります。また神経の治療を過去に行ったことのある歯でも、再感染を起こしてしまうと、歯茎がはれたり、噛むと痛みを感じる場合があります。

ラバーダム

ラバーダム

当院では、神経治療の際はラバーダムという器具を用いることで、治療中の菌の侵入を防ぎ、治療後の再発のリスクをできる限り下げるように努めています。また、Ni-Tiファイルという最新の器具と2種類の洗浄剤を組み合わせることで、効率的かつ効果的な根管治療を心がけております。

Ni-Ti ファイル

Ni-Ti ファイル

歯周病治療(歯茎の治療)

歯周病とは「歯を支える土台である顎の骨が減ってしまう病気」です。緩やかに進行するため、気づかずに進行してしまっている場合が多いです。しかし、歯科医院に行った日だけ機械で歯茎をきれいにしても、歯周病は治りません。歯周病治療において最も重要なことは、「患者様ご自身による毎日のケア」です。当院における歯周病治療とは、歯周病への“理解”を深めていただき、適切に日々のセルフケアを行っていただくためのお手伝いをさせていただくことです。

治療の流れとしましては、まず現在の歯茎の状態を検査し、現状の問題点をお伝えさせていただきます。そして、どうすればよくなるのかをスタッフと一緒に考えていただきます。治療のゴールは人によって違います。できる限り患者様に合わせた治療プランをご提案いたします。

義歯治療(入れ歯の治療)

歯がなくなってしまった場合、その部分を補う方法の一つに義歯治療があります。残念ながら歯を失ってしまった方や、今まで長年使ってきた入れ歯が合わなくなった方もいらっしゃるかもしれません。調整・修理での対応や、場合によっては新たに作り直しとなる場合もあります。保険診療での入れ歯はもちろん、金属のバネが目立たない入れ歯(自費診療)などもご提案させていただくことができます。是非一度ご相談ください。